レンタルサーバーに Git をインストールする

2016/07/23

このブログは、エックスサーバー で公開しています。

子テーマをカスタムする際には、
ソースコードを直接触りますので Git でバージョン管理しておきます。

エックスサーバー へ Git をインストール

エックスサーバーにはデフォルトで Git がインストールされていません。
バージョン管理無しで開発する気にはなれないので Git をインストールします。

レンタルサーバなので当然 root権限はありません。
地道に頑張りました。

※シェルスクリプトで流す際は自己責任でお願いします。

 

無事に子テーマを Git 管理できました

テーマは、STINGER PLUS+ を使っています。
SEO強いですし、カスタムしやすくてオススメです。
※git init するディレクトリに関して、ページ下の【追記】に注意書きを書いています。

xgit1

Git でデプロイ

ローカルやクラウドIDEで編集してGitHub かどこかにホスティングすればgit pullでデプロイできます。

【追記】

テーマのディレクトリはpublicなので、.gitファイルを置くべきではありません。
wp-config(wordpressのパスワードなどが書いてあるファイル)からgit管理することにしました。

管理したいのは、子テーマだけなので .gitignore ファイルを工夫します。
スクリーンショット 2016-07-23 20.33.16

$ git ls-files
wp-content/themes/stingerplus-child

できました。

-Git塾, WordPress塾